2010年10月15日

作家が集ってる所に…

東京・銀座の「ギャラリー58」で、70歳以上の作家6人による合同展「前衛★R70展」が開かれている。参加しているのは、赤瀬川原平(73)、秋山祐徳太子(ゆうとくたいし)(75)、池田龍雄(82)、田中信太郎(70)、中村宏(78)、吉野辰海(70)の各氏。半世紀前に前衛美術の最前線で活躍していたメンバーで、全員がいまだに現役逆援だ。

 未発表の新作に限る、というのが唯一の課題。写真作品を出展した赤瀬川さんは「みんな何出してくるかなって、昔のアンパン(前衛美術の祭典だった読売アンデパンダン展)のときみたいな気分だったね」。

 中村さんは、遠近感を表すための古典的な一点透視図法を使いながら、まったく遠近感がない絵画などを出品。「タイトルは前衛だけど、この年齢になるとね、前衛なんて無理だよ。固まっちゃって新しいものなんてできないんだから、あはは」と笑い飛ばす。

posted by 作家生命 at 14:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月09日

伝説と呼ばれた人

伝説と呼ばれた作家がもう90歳になったみたいですね
今もちゃんと執筆してるみたいで、楽しく書けてるらしい。
家族の人は彼の作品を読めてるのだろうか。
羨まし過ぎるでござる
posted by 作家生命 at 16:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月09日

子供の為を思えばこそ

絵本作家、宮西達也さん 「子供をおもしろがらせようと思って作品を作ったことはありません。子供だましで喜ぶのは大人だけ。子供はつまらないものにはすぐにそっぽを向いてしまいますからね」。

 作品作りは優しさや思いやり、愛といった普遍のテーマを問いかける「自己表現」だという。

 駆け出し時代は、作品を大小の出版社50社以上に持ち込んでは断られ続ける日々が続き、27歳で絵本作家として踏み出した。

 人気作家となった今は、午前6時過ぎに起床すると回転椅子(いす)で3つの机に向かい、「1作品1机」の同時進行で翌日午前3時半まで制作を進める。その間、編集者との打ち合わせや、時には県外に講演会に呼ばれることも。この1年間、休みなしでこうした生活を続けている。

自己表現力にはとても定評がある方が言ってくれればかなり信頼度が上がるのが凄い事ですね
posted by 作家生命 at 16:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。